パリ旅行

子供の時差ボケ症状と対策方法

子供時差ボケ対策と症状

大人は時差ボケになるけれど、子供はならない?

もしなったら症状はどうなるのか、対策方法はある?

ヨーロッパやアメリカの長期フライトにはどうしたら良いかな。

パリまで直行でも12時間、朝と夜が逆転しそう。

実際に1歳、3歳、5歳、8歳と子供と一緒にパリへ行った時に、時差ボケあり、なしを体験。

子供の時差ボケ予防には、ポイントを抑えて過ごせば大丈夫!

実体験からのポイント

・機内、旅行中、後の過ごし方を工夫
・機内、旅行中に役立ったもの

子供の時差ボケについて、実体験から旅行中の過ごし方と役立ったものを、それぞれ紹介して行きます。

家族旅行にも安心のパリのキッチン付きのホテルはこちらに詳しく書いています

【シタディーヌパリ6選】キッチン付きでパリに暮らすように宿泊パリ旅行におすすめホテルってどこだろう?家族で宿泊できる所は?パリの短期レンタルアパルトマンのシタディーヌってどんな所?キッチン付きで観光に便利、リピーターも多いシタディーヌパリについて口コミと共に詳しく書いています。...

子供が時差ボケになるきっかけは機内の過ごし方

子供時差ボケ1

子供には飛行機に乗ること自体が、非日常的。

旅行前から興奮して、なかなか寝れないということも。

ポイントは、現地の時間に合わせて行動すること

  • 日中の時間なら遊んで過ごす。
  • お昼寝できそうな時間は寝て過ごす。
  • 深夜なら、しっかり睡眠を。

機内での過ごし方は、

  • 就学前(5歳くらい迄)
  • 小学生(6歳くらい〜)

では、過ごし方もだいぶ違います。

就学前小学生
シールブック、折り紙、絵本、ノート、おもちゃ、ぬいぐるみ、トランプ、ウノアマゾンプライムビデオ、本、ノート(日記用)、ぬいぐるみ、トランプ、ウノ
知育シールブックは、かなり集中するので親は休憩できました!
就学前

遊ぶ時のポイント!

シールブック折り紙おもちゃ絵本などローテーションにすると飽きずに遊べます。

機内では、新しいものを渡すと長く遊べて○

機内で過ごす知育シールや持ち物については、海外旅行の持ち物リスト【子供用】に詳しく書いています。

海外旅行で用意するものリスト
海外旅行の持ち物リスト【子供用】 海外旅行に行く為に準備するもの、大人だけでも大変なのに 子供は何を持って行くのが良いの? 行った先で困ったりしない様に事前...
小学生

・漫画や本は本人が好きなもの。
・トランプやウノは気分転換に。
・一番見ていたのアマゾンプライムビデオ。

ダウンロードしておくと機内でスマホやタブレットで簡単に見ることが可能。

アマゾンプライムビデオについては、こちらに詳しく書いています

Amazonプライムビデオのメリットってこんなにあった!コスパ良すぎない?Amazonプライムビデオのメリットって意外と沢山あった!対象の映画やドラマ、アニメが見放題に、Amazonオリジナル作品も。他社と月額料金を比べても圧倒的にお得な価格。wifi環境だけでなくダウンロードすれば、どこでも視聴可能。 ...
小学生になると時差ボケになりやすいよ

毎年、子供と海外に行っているお母さんから聞いたこと。

これは体力のついている小学生に、寝るというのはそう簡単ではないという事。

今まで大丈夫だったから、なんとかなるかな?

そう思っていたのですが、実際に小学生になってからは時差ボケになりました。

就学前までは、

お昼寝をすることがある為、多少寝る時間を変更しても眠くなったら寝る。

小学生は、

規則正しい生活をしているので、体内リズムが変わってしまい時差ボケに。

幼稚園と保育園では、過ごし方が違うものの体力的に疲れたら寝るリズムは一緒。

赤ちゃんや日中いつでも寝れる年齢は、時差ボケになりにくいです。

もう1つ、小学生が時差ボケになりやすいのは

機内エンターテイメントのゲームや映画を見すぎて、疲労しているのに寝れない。

脳が興奮している状態で、寝るのは難しい。

寝る時間の前には本など読書に切り替えがオススメ。

動画等はできるだけ、作品や時間を決めて声かけすると良いですよ

子供の時差ボケはじまりは【機内での睡眠不足】

時差ボケ2

日本出国〜フランス到着まで

航空会社/エールフランス航空
午前10時台出発→現地CDG空港(パリ)到着は同日16時頃。

”約12時間のフライト”

現地(パリ)に同日の夕方到着便は、宿泊先に着いて寝るだけなのでリズムが作りやすい。

早朝到着という便もあり、人によっては朝から回れるから便利!という意見もありますが、

子連れ海外旅行は、移動で疲れているので到着して寝るリズムがオススメ。

長時間のフライトは、子供も大人も疲労が溜まっています。

着いたら、まず体を休めて次の日に備えましょう

機内では、エンターテイメントが充実し、座席の前には自分専用のモニターで楽しい時間。

アニメやゲーム、映画は子供用も充実

子供は楽しくて映画を4本を見ること数時間。

結果、中々寝ないし寝れない。

画面を見すぎて頭が働き寝れない。リラックスできない。

そして、到着する4時間前から寝始めて1時間半。

12時間のフライト中、10時間近くは起きていたんだな。。。

その後、寝ることはなくパリ・シャルル・ド・ゴール空港へ到着。

そして子供が口にすることは、

頭が痛い、だるい、眠いの連続。

そうなると、空港からの移動手段を考えなければいけません。

空港からはバス、電車、タクシーと方法があります。

今回借りているアパルトマンは、バスの停留所から近くバスの予定。

でも、こういった事態になり得ると考えてタクシー方向転換。

交通手段はいくつか調べておくと安心

バスの三人分料金とタクシー代金(定額で右岸50ユーロ、左岸55ユーロ)を比べて1.5倍のタクシーを選択。

タクシー乗ってすぐ寝た娘。

私たちもだいぶ疲れていたので、多少高くてもタクシーで正解。

バス、タクシー、電車全て使いましたが、オススメはバス。

空港からパリ市内までの風景も楽しめて、価格も控えめ。

空港からの料金の高い順

タクシーバス電車

電車は、治安の悪い場所を通るのでオススメはしません。

シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内までの交通手段についてはこちらに詳しく書いています。

空港からバスでオペラ座へ
パリのシャルル・ド・ゴール空港から市内への移動手段と料金【バス編】 空港からパリ市内にバスで行く!乗り場はどこ? 空港からパリ市内へバスで行くには、ロワシーバスとル・ビュス・デイレクトがあります。...

子供が時差ボケに【寝てもすぐに起きてしまう睡眠の浅さ】

子供時差ボケ3

宿泊先のアパートに到着すると、アパートの部屋に大興奮。

少し広い部屋だったので、あれこれ見たり、テレビをつけたり、興味津々。

問題は寝れるかどうか。

いつも寝るのは夜9時頃。

同じぐらいの時間に寝るのは難しいかな

娘はシャワーを浴びてから、「日記を書くからベッドの方行くね」と言い、しばらくすると寝ていました。

寝るの早くてよかった!よっぽど疲れてたんだね

そう思ったのもつかの間、

その2時間後、3時間後、と朝まで計二回起きました

こうなると、次の日は午後から夕方にかけて疲れが出始め、お昼寝をしたくなる。

無理をして体調崩すと良くないので、

余裕のある日程に変更

アパートに戻り1時間ほど昼寝

その日の夜は寝つきが悪く→ 23時近くに就寝 → 夜中起きる→次の日に午後はお昼寝。

このスパイラルが3日ほど続き、やっと少しずつ日常に戻ってきました。

子供の時差ボケ対策はいつもの生活リズムに戻すこと

子供時差ボケ4

パリ出国〜日本到着まで

エールフランス航空
CDG空港14時頃の出発→日本着は朝8時頃

同じく12時間ほどのフライトでしたが、帰りは機内でほとんど寝ていました

起きていたのは4時間程、8時間は就寝。

行きと全く逆の過ごし方

本人曰く、

帰国日のアパートから空港までがとても疲れていたから、飛行機で眠たくなった。

と、その結果

朝に到着し→ お昼に家到着 → お昼ご飯後、寝るのを我慢して土産渡し→夕方になり夕飯→お風呂はいって就寝(21時)

帰ってきてからの生活リズムの戻し方は、すごくスムーズでした。

日本時間に合わせて行動するため、お昼寝を我慢したことで時差ボケ回避

ただ、疲労が溜まって辛い時は、寝て体力を回復することも大事。

時差ボケは自然と解消して行くので!

子供はまだ適応が早いですが、大人の時差ボケは時間がかかることも。

子供の時差ボケ症状と対策方法まとめ

・現地での時差ボケ対策行きの機内で寝れる環境に。

・スケジュールには余裕を宿泊先でお昼寝時間を確保

・日本帰国の際の対策できる限り昼寝しないで、夜寝るように工夫。

帰国後は早めに子供の生活リズムを戻すと○

 

子供がいると大変なトイレ事情。パリのトイレに関してはこちらに詳しく書いています。

パリのトイレ事情と使い方、困った時の対処方法パリ市内でトイレに行きたくなったらどうする?パリのトイレ事情や使い方は知っておくと安心。パリでのトイレは、デパートや美術館、カフェで借りれます。使用料として0.5ユーロを支払うことも。...

時間のかかるお土産選びは、事前に準備する楽チン!詳しくはこちらに書いています。

海外旅行のお土産は事前購入で楽しよう!【通販サイト4社】国別比較海外旅行で必ず購入するお土産。 現地で購入は、手荷物増やすとお金かかる、送ると高い、治安が悪いと届くかも不安、手続きも面倒...
ABOUT ME
リエさん
8歳の娘を育てている主婦のリエです。 一生に一度【一人旅】をしてみたい、結婚後すぐにParisへ。その後アンティークバイヤーとして何度もフランスへ。出産してから子供と一緒に旅行。外国語のこと、子育てのことと一緒に楽しく発信しています!