パリ旅行

フランス/パリ旅行での服装【季節毎のポイント】

フランス/パリへ旅行へ行くけど、服装はどんな格好が良い?

暑いみたいだけど、半袖だけでいいの?

寒そうだし、沢山洋服持って行こうと荷物がパンパンに!

気温を見ても良く分からない。。。

月ごとに服装のポイントを紹介していきます。

【フランス/パリ旅行の服装】旅行時の気温をチェック

パリの年間の天気を見ると、東京と比べると

冬はかなり気温が下がり、

夏は東京ほど平均気温は暑くないですが、

ここ最近は気温も上がり30度を超えることが多いです。

出典:地球の歩き方

 

ただ平均気温から分からないのが、

一日の温度差が激しいということ。


夏は特に日中は暑く、

朝晩は肌寒いのでカーディガン等の羽織るものが必要です。

冬は何より防寒。

石畳の多いパリは足から寒さが伝わってきます。

これぐらいで良いかな?と

日本の感覚でいるともっと対策すれば良かった、、、

と行ってから後悔することも(体験談)

夏は朝晩と日中の温度差に必要な上着を用意!

冬は防寒が必須。真冬の服装+カイロや手袋、マフラーがあると◎

 

フランス/パリへ旅行の服装【春/3月4月5月】

3月平均気温 7.9℃

まだ寒さの残る3月。

1月2月ほどの寒さではないですが、

朝晩は冷えるのでスプリングコートを着て行くことをお勧めします。

ニットトレーナー、ヒートテック、

そして冷え性の人にはタイツは必須です。

4月平均気温 11℃ 

4月中旬ぐらいまでは15℃以下の日もあり、3月と同じ服装で。

4月下旬で20度を超える日もあります。

ポカポカ春の陽気で暖かくなっているので

日中は、長袖Tシャツやカットソーでも。

朝晩に出かける人は寒暖差があるので、

スプリングコート等の上着は準備しておく方が良いです。

 

5月平均気温 14.8℃

すごしやすい時期になってきて、紫外線も気になる季節。

ただ、雨で寒さ感じる日もあります。

(三年前の渡仏した時に、雨続きの寒さに現地で上着を購入したほど。)

この時期は雨に気温を左右されることが多いです。

5月中旬以降になると、気温の高い日も多いですが油断は禁物。

日中はロングTシャツやカットソーでも

薄手の上着はあった方が良いです。

フランス/パリへ旅行の服装【夏/6月7月8月】

6月平均気温 18.3℃

晴れていると、紫外線がかなり気になる時期。

朝晩は肌寒いものの、日中はぐっと気温が上がることも

調節しやすい服装が大事。

長袖のカットソーに肌寒い時はカーディガンのような薄手のものを着用

7月平均気温 19.8℃ 

8月平均気温 19.7℃ 

 

※最高気温は30℃を超える事も。

6月終わり頃からはぐっと気温が上がり始めて、夏模様

この時期の一番気になるのは紫外線

こんなに太陽が近い!?と思うほど、紫外線が強い。

日焼け止めは必須です。

本当に眩しいので、日本ではかけないサングラスを購入して即装着。

サングラスはパリ市内にあるスーパーなどでも販売しています。

気温は上がっても湿度のないフランス、爽やかな日も多く気持ちよく過ごせます。

ただ日中に気温が高いので、朝晩の冷え込みには要注意

真夏なので半袖Tシャツやノースリーブで過ごす事もありますが、

長袖のカーディガンは持って行く事をお勧めします

 

フランス/パリへ旅行の服装【秋/9月10月11月】

 

9月平均気温 16.1℃

9月に入ると、少しずつ秋が近づいてきます。

パリの街を歩くのにはとても良い季節。

まだ晴れの日は暑く、紫外線も降り注いできます。

日の当たる場所は半袖の洋服で、日陰に入ると肌寒く羽織るものが必要に

9月以降は雨の日も多くなるので、折り畳み傘など雨具の用意を

10月平均気温 12.1℃

10月に入ると気温も低下してきます。

雨の日も多く、朝晩は冷え込んできます。

ニットやセーター、ジャケットなども必要になってきます。

9月に引き続き折り畳み傘などの雨具の用意を

 

11月平均気温 7.4℃

10月よりもぐっと寒くなり、乾燥対策も必要。

ニットやセーターの他にコートも必要になってくる時期。

インナーにはヒートテックやタイツなども用意を

フランス/パリへ旅行の服装【冬/12月1月2月】

12月平均気温 4.3℃

真冬の芯から冷える寒さのパリ。

晴れている時は空気が澄んで、乾燥も。

冬用コートは必須でマフラーやセーター、ニット

インナーには真冬用のもので対策を。

タイツやカイロなどで、足元の防寒も忘れずに。

1月平均気温 4.1℃

2月平均気温 5.1℃

底冷えが続く1月、2月は、寒さと乾燥に注意。

冬用コート、マフラーやセーター、ニット

インナーには真冬用、タイツなどで足元の防寒も。

日本(東京)の真冬の服装+もう一枚暖かい格好を。

外へ出かける場合はカイロは必須で、手袋やニット帽も

最近は急激な気温の変化が多いので、

必ず渡航前に天気予報のチェックを忘れずにして下さい。

フランス/パリ旅行での服装【まとめ】

 

一年を通して朝晩の寒暖差が激しいパリ。

春先は日中暖かくても朝晩はしっかり寒くなるので上着の用意を。

夏は紫外線対策と日陰と冷房よけの薄手のカーディガンを。

秋は薄手の長袖に気温の下がる日は上着が必要。場合によってはニットも。

真冬の寒さ、パリの底冷えは体を芯から冷やします。インナーとアウターの防寒は最大限に。

 

 

ABOUT ME
リエさん
リエさん
8歳の娘を育てている主婦のリエです。 一生に一度【一人旅】をしてみたい、結婚後すぐにParisへ。その後アンティークバイヤーとして何度もフランスへ。出産してから子供と一緒に旅行。外国語のこと、子育てのことと一緒に楽しく発信しています!