子育て

子供のトランポリンは買ってから後悔しない?購入前の6つのポイントが大事!

trampoline-koukai

子供のトランポリンって買ったら後悔するの?

 

室内用のトランポリンは結構大きいし、やっぱり悩むな。

 

子供の室内運動や、ストレス発散にもなるトランポリン。

 

実体験として、トランポリンを購入して3年経ちますが、正直後悔したことは一度もありません。

 

ちょっとしたおもちゃとは違って、大きさもあるし買ってから後悔したくない!

 

その為の6つのポイントをまとめました。

  1. 大きさ
  2. バネ式orゴム式
  3. 価格
  4. 騒音対策
  5. カバーの交換が可能か
  6. 手すりの有無

 

ポイントを確認しておけば安心!詳しく解説していきます!

 

でも、室内遊び用のトランポリンやっぱり迷うな、、、そんな時は、室内でも運動ができるグッズをこちらに紹介しています。

 

子供の運動不足を解消!楽しい室内遊びとグッズおすすめ5選【雨の日対策にも!】

 

子供のトランポリンを後悔しない為の6つのポイント

トランポリンを購入する時に、確認しておきたいポイントはこちら!

  1. 大きさ
  2. バネ式orゴム式
  3. 価格
  4. 騒音対策
  5. カバーの交換が可能か
  6. 手すりの有無

それぞれ詳しく解説してきます。

1、トランポリンの大きさ

トランポリンをリビングへ置くと思ったよりも場所を取るな、といった印象。

現在、サイズの多いものが直径92センチと102センチ。

 

サイズは変えれないので、置く場所を考えながら選ぶのが良いですよ。

 

基本的には置きっ放し!!

 

折りたたみ式もありますが、大人2人必要!と書いていることが多いので思っていたより大変です。

 

トランポリンを置く時の目安サイズ

  • 120センチの正方形 or  たたみ約2畳

 

置き場所に困った時には、部屋の隅などに立てると、スッキリします

 

この大きさのまま、クローゼットに入れたりできるかな

 

トランポリンを立てて片付ける場合

  • 高さ、奥行き約120センチ、幅約25センチ

大きさにもよりますが、上記のサイズぐらいは必要になります。

 

2、トランポリンのバネ式 or ゴム式

それぞれの特徴を見ていきます。

バネ式ゴム式
騒音面金属音、少しうるさい金属のキシム音はなし
安全面バネに挟む可能性あり安全度は高い
耐久性バネは1箇所ずつ変えることが可能ゴムが伸びたり、切れたら買換えに
弾力性かなり高いバネよりは劣る

 

ちなみに、バネ式はこんな感じです。

trampoline-koukai1

ちょうど、カバーをめくるとバネが見えます。

バネ式=キシム音が気になる人も。

バネで怪我する可能性は?=しっかりカバーでバネが覆われていれば心配もありません。

 

3、価格

 

トランポリンの価格は、5000円前後が主流ですが、高いものだと1万円近くするものも。

 

値段の幅があると迷うな

 

トランポリンを購入して後悔した人の中に、あまり遊ばなかった、という意見があるので、価格は初めから高いものを選ぶ必要はありません。

 

それに、トランポリンを持っている友人の多くは4,000円〜5,000円代で、何年も使用していますよ。

 

5000円以下のものでも、十分楽しく遊べてうれしい!

 

 

4、トランポリンの騒音対策

トランポリンは、思ったよりも音出るので、マンションやアパートの使用には騒音対策は、必須。

 

トランポリンの下に防音マットを敷く

騒音を防ぐ

床の傷も防げる

 

戸建、集合住宅でも床にキズなどを残したくない場合は、防音マットが便利です。

 

スポーツ用品でも有名なダバダのトランポリンマット。

弾力性と防音性に優れたEVA素材を使用。トランポリンにピッタリなサイズなので、場所を取らないのも嬉しい。


 

ジョイントよりも一枚でパッと敷くことができるのがイイ!という人には、HONSAN トランポリンマット。

防音、耐久性に優れ、口コミでも評価の高く、丸めると12センチの大きさで収納も楽!


 

 

 

5、トランポリンのカバー交換可能かどうか

 

トランポリンを使用している人の意見で、以外と多かったカバーのやぶれ。

 

trampoline-koukai2

実際に3年以上使用して、数カ所こういった破れがあります。

 

お友達の家のトランポリンカバーは、結構ボロボロでした。

 

使用頻度が高いとどうしても消耗してしまうもの。少しの破れから、広がりスポンジが出てくることも。

 

子供が破れたところを気になって、さらに大きく広げることも。

 

その時に、カバーが交換できると便利です。

 

そして、思い切って違う色を選ぶのもあり!部屋の雰囲気も変わりますよ。

 

6、トランポリンの手すりは必要?

絶対に必要?→必要ではありません。

 

子供によっては、使わず手すりにぶつけることもあります。

 

実際、私の周りでトランポリンを購入したママ達は、手すりなし!

 

迷った場合は、あとで購入できるトランポリンを選べばOK!!

 

トランポリンに乗っているのが少し難しかったり、安定性を確保したい場合は、手すりがあると安心です。

 

実際に購入したトランポリンは3年以上使用

trampoline-koukai4

トランポリンを選び始めたのが、小学校入学してから。

そのため、幼児用の小さなトランポリンというよりも、しっかり長く使えるトランポリンを選びました。

・サイズ102センチ
・バネ式
・価格は5000円前後
・カバーが取り替え可能
・手すりなし

よく動く子供だったため、すぐは飽きないだろうと思いつつも価格は控えめのものに。

 

使用量は多いもの、カバーは多少切れましたが3年間そのまま使用バネも強度が高く、3年経っても跳ね具合はとても良いです。

 

大人の私も運動不足解消のため飛んだり歩いたりしています。金額を考えたら、とってもコスパの良いもの!!

 

実際に購入したトランポリンは、 DABADA(ダバダ) トランポリン

カバーの色、柄が21種類あるので好きなものを選べます!


 

子供のトランポリンを買って後悔しない為の6つのポイントまとめ

トランポリンを購入する前に、確認しておきたい6つのポイント!

 

1、トランポリンの大きさ

サイズは直径92センチ、102センチが主流

置き場所は、120㎝の正方形が必要、基本出しっ放し!

 

2、バネ式 o rゴム式

耐久性で選ぶなら、バネ式! 安全性で選ぶなら、ゴム式!

 

3、価格

高価なものを選ぶ必要なし!5000円以内のもので、十分楽しく遊べる!

 

4、騒音対策

マンションやアパートなどの集合住宅には、必須の防音対策。トランポリンと一緒に防音マットも!床を傷つけることもないです。

 

5、カバーの交換が可能か

使用しているうちに破れることがある、カバー。本体の耐久性の方が長いので、買い替えできるものを!

 

6、手すりの有無

手すりは、普通に使う分には必要はありません。

ただ、安定性が心配、乗ることが難しい、そんな時は手すりがある方が安心です。

迷ったら、後から購入できるトランポリンを選ぶと良いですよ。

 

室内運動でも人気のバランスストーンのおすすめランキングは、こちらに詳しく書いています。

話題のバランスストーンおすすめランキング1位〜7位までを紹介!

 

ABOUT ME
リエさん
8歳の娘を育てている主婦のリエです。 一生に一度【一人旅】をしてみたい、結婚後すぐにParisへ。その後アンティークバイヤーとして何度もフランスへ。出産してから子供と一緒に旅行。外国語のこと、子育てのことと一緒に楽しく発信しています!