パリ旅行

蚤の市の戦利品はどんなモノ?持って帰る時に注意するポイント

パリの蚤の市で購入した戦利品はどんなものが多い?

パリ旅行者の人が購入したものを調べてみると、

断トツ1位は食器

状態の良いプレートから、ガラス瓶、インテリアに使えそうなカップ。

そして次に多いのが、

手芸用品(メルスリー)や飾れるインテリア用品。

旅行先での買い物となると、あまり大きいものは選ばない傾向。

実際に初めてパリに行って蚤の市で選んだ物、それは

カフェオレボウル、アンティークボタンやキャニスター。

そして、実際私が購入しても持って帰れなかったものもありました。

せっかく買ったのに持ち帰れないなんて困るな

帰国時に気をつけるポイントも詳しく説明して行きます。

元アンティーク雑貨バイヤー/歴12年
フランス渡航歴10回以上

のリエが紹介します!

蚤の市の戦利品を広げて眺められる、広めで清潔なアパルトマンホテルはこちらに詳しく書いています。

【シタディーヌパリ6選】キッチン付きでパリに暮らすように宿泊パリ旅行におすすめホテルってどこだろう?家族で宿泊できる所は?パリの短期レンタルアパルトマンのシタディーヌってどんな所?キッチン付きで観光に便利、リピーターも多いシタディーヌパリについて口コミと共に詳しく書いています。...

 

バイヤーの方が特集されている本、世界はもっと!ほしいモノにあふれてる2にパリの蚤の市と、アンティークボタンが紹介されています。

パリ旅行者の蚤の市戦利品は?

可愛くて普段使いできるような食器や、インテリア用品が多いのも特徴。

中にはアクセサリーや洋服、布もの(フランスはリネン/麻ものが多い)やレースを選ぶ人も。

 

日本に戻ってパリの蚤の市を戦利品を眺めるのが楽しみ!

という人も多く見られました。

初めての蚤の市の戦利品は食器、手芸品やインテリア品

私が初めてパリの蚤の市に行ったのはもう10年も前ですが、

そのときの写真を見ても、カフェオレボウルなどの食器を購入。

この時は意識していなかったのですが、

可愛くて身近にあるものが、使ったり飾ったりイメージがしやすい。

買い物に迷ったら身近なものから選んでみよう!

蚤の市へ行く時の準備品

旅の予定に蚤の市を入れているのなら、絶対に持って行くと良いもの3点。

  • 新聞紙(旅の準備リスト入れて!)
  • ウエットティッシュ
  • エコバック
1、新聞紙

割れ物に必ず使用。日本の新聞紙はとっても質が良い!!

蚤の市での梱包は簡易的。

スーツケースに入れる時は洋服の間に挟んで。

無くても手持ちのタオルや洋服などで代用できます!
2、ウエットティッシュ

蚤の市で商品を触っていると、あっという間に手が真っ黒。

手を洗いたい。。。

トイレがすぐ近くにないことが多いので、ウエットティッシュは必需品。

購入した商品を拭くこともできるので、欠かせないもの。

3、エコバック

フランスの蚤の市を見ても、エコバック持ちながら買い物をしている人多数。

簡易的な包装が多く、そのままで渡されることもあり。

エコバックも必須アイテムです。

購入した戦利品が持ち帰れない!?

持って帰れない?不安だった空港の検査場で体験談。

【ケース1】

初めてパリの蚤の市で購入した木のボックス(上記写真の左側)

帰国日に、大きな紙袋に入れて手持ちで空港へ。

スーツケースには入らなかったので、機内持ち込みに。

そして手荷物検査で、この大きな紙袋が調べられる事10分。

木のボックスを隅から隅まで見ていました。。。

検査官に色々言われていても、よく分からず(フランス語が?の状態)手で追いやられる始末。

結局なんだった?

今思えば荷物には問題なく、注意として伝えていたのだろうと。

【ケース2】

いつものように蚤の市で購入したものをスーツケースや手持ち荷物に選別。

今回は引っ越した家に飾るものを購入し、少し大きいものが多い。

機内手荷物として大きなバッグに鉄製のフックを入れて検査場へ。

そう、この鉄製のフックが問題に。

女性の検査官が、

このフックは機内に持ち込めない
なぜですか?

殴りかかるような動作をしながら

凶器になる可能性があるから
そんなこと絶対ないです!

購入した経緯を話しても、結局手荷物としては×。

思いっきりバッテンの動作をされました。。。

選択肢は3つ。

スーツケースに入れる or 郵送 or 置いていく

手荷物検査場のすぐそばに、配送受付。

もちろん、預けれしたスーツケースに入れるのは不可能。

選択肢は郵送すること。

そして金額を聞いてびっくり。

配送代はフック購入額の5倍。

どう考えてもそんな高い金額出せない!

もう、その瞬間にこの場所に置いておくことに決めました。

  • 凶器になりそうなものは、手荷物不可。
  • 欲しい場合は、スーツケースに入るモノを選ぶ。
  • 郵送も可能、でも料金が高い&保証はないことを覚悟。

 

一度、配送をした後に紛失し長い期間を経て届いた箱はボロボロ、中身もぐしゃぐしゃ。

悲しいですが、もうこれは諦めるしかありません。

あの時フランス語、なんて言ってたんだろう?

フランス語が話せなくて困ったら、この本!旅の救世主!

旅の友になって、もうボロボロだけど手放せない


 

蚤の市の戦利品と持ち帰るときの注意まとめ

蚤の市の戦利品の人気なもの、蚤の市へ行く時に準備するもの持ち帰る時の注意をまとめました。

 

まとめ

1.蚤の市の戦利品で多かったトップ1は食器類

2.手芸用品やインテリア用品も人気!

3.蚤の市へ行く時の必需品3点(新聞紙、ウエットティッシュ、エコバック)

4.持ち帰るものはスーツケース or 機内手荷物が基本。

5.配送代は高い事を覚悟して、大事なものは避ける

 

パリの蚤の市は週末開催している【ヴァンヴ蚤の市とクリニャンクール蚤の市】はこちらに詳しく書いています。

必見!【ヴァンヴ蚤の市とクリニャンクール蚤の市】行き方から徹底解説パリで行きたいオススメの蚤の市【ヴァンヴ蚤の市とクリニャンクール蚤の市】元アンティーク雑貨バイヤーのリエが、初めての人にも分かりやすく蚤の市の場所や回り方、それぞれの取り扱いアンティークを紹介します。...

 

平日に開催している蚤の市【アリーグル蚤の市】は、こちらに詳しく書いています。

パリで平日開催は貴重!アリーグルの蚤の市とマルシェパリで平日開催している蚤の市【アリーグル蚤の市とマルシェ】について、詳しく書いています。元アンティーク雑貨バイヤーならではの回り方も紹介。...
ABOUT ME
リエさん
リエさん
8歳の娘を育てている主婦のリエです。 一生に一度【一人旅】をしてみたい、結婚後すぐにParisへ。その後アンティークバイヤーとして何度もフランスへ。出産してから子供と一緒に旅行。外国語のこと、子育てのことと一緒に楽しく発信しています!